愛知県 プラスチックリサイクル 一荒商会

トップページ 会社概要 求人情報 リンク集 アクセス方法 お問合せ サイトマップ

信頼の絆を大切に、
IKKOはリサイクルの可能性を追求し続けます。


■グローバルビジネスの一端を担う

 プラスチックはギリシャ語で「可塑性」を意味する言葉(plastikos)が語源といわれます。難しい字を書きますが、何か材料をこねあげて造形することを「塑造」といい、それを可能にする性質が可塑性というわけです。面白いことに、アメリカでは「Plastic?」と問いかけられるのは、「カードで払いますか?」という意味になります。ちなみに「Vinyl」はレコード盤の意味でも通ります。
 また、合成樹脂は松ヤニを意味する「resin」や「resinoid」などと呼ばれます。私共の倉庫には、こうした外国語が記された容器が数多くあります。材料再生が国境を越えて普遍的な意味を持ち、グローバルビジネスの一端を担っていることを、あらためて実感する次第です。

 

■数字よりも大切な「絆」を重視

 私どもは小型破砕機を主力に、お客様の用途に応じて柔軟で小回りの利く対応をお約束しています。常に計量を要して数字が付いて回るビジネスですが、数字に終始するだけとは決して考えません。信頼の絆(きずな)が結ばれてこそ頑張れます。信用あればこその事業です。これからも一期一会を大切に、お客様のお役に立てる存在になれるよう、心していきたいと思います。

 

■社会的使命をしっかりと果たしていく

 私どもが取り扱うのは、多様な形状で、組成もさまざまな部材(廃棄物)です。再生利用するにあたっては、分別の段階から手間と人手を要し、再生後の販路の確保も常に課題となっています。また、経済動向の影響を受けた市場価格の変動に加え、関係する法規も時代環境に即して変化しています。需給バランスを常に意識しながら、困難を克服する努力を続けるのは、ひとえに社会的使命を自覚するからに他なりません。リサイクル、リユース、リデユースの3Rは言うまでもなく時代の要請であり、環境を守ることにも繋がります。希望の未来へ向けて、私共なりの役割を誠実に果たしていくことを、ここにお約束いたします。

ひたむきに一歩一歩を歩み続けます。今後のIKKOに、どうぞご注目ください。

 
トップページ 会社概要 求人情報 リンク集 アクセス方法 お問合せ サイトマップ

有限会社 一荒商会 愛知県一宮市佐千原字藤の宮16番地 tel:0586-23-7801


Copyright (c) ikko Co.,Ltd All rights reserved.